物忘れの激しい管理人が“日々を忘れないため”に書き綴ったページです。       中身は音楽・映画・●●感想で構成されてます。詳細は“紹介”に記載してます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
嵐のバカ代表。
「嵐の宿題くん」を観ているんだけど・・・・。


あいばまさきがバカすぎる!

アイドルのくせにシモネタが好物過ぎる!


あぁもう!!!!!!!


あいばまさきがバカすぎる!!!!
スポンサーサイト
芸人都市伝説
すんげぇ面白いですね。

すんげぇ怖いですね。

すんげぇ「えぇ!?」っちなりますね。

このコーナーを観ている時、
自分の脳はものすごい活性化してるんだろうなぁ。
なんて、うっすらぼんやーり思いながら観ています。

ハローバイバイの方は、本を出すよりも、

テープ
(落語とかそういった類のもの)をリリースすればいいよ。

だって、彼の魅力の大半は、あの喋り方なんだから。
アイドル魂。
最初に言いますが、自分は“アイドル魂”なんて持ち合わせて御座いません。
持ってたらこんなブログ書いてませんよ・・・多分。

いや、何故今日の魂は“アイドル”なのか。
それは、本日見たテレビ番組の影響です。

夕方、外回りを終えて直帰した自分。
正月に休みなんてありゃしねぇ。
なんて呟きながらテレビをつけると、そこには明石家さんまさんの姿が。
なんだか懸命に「頑張れ」やら「無理すんな」なんて彼の叫ぶ彼。
その視線の先には・・・出たよこの男。
日本のアイドル殿堂入りした男木村拓哉!!!!

ロッククライミングやりながら、いつも通り、
カッコイイ事沢山言ってました。
登る姿も、下ネタ吐く姿も、理由無くカッコよかったです。
・・・ちくしょう。かっこいいなぁ。

自分は元来“アイドル”というもの
(主にジャニ●ズさんやハロ●ロと言ったモノ)
に嫌悪感を抱いてしまうのですが、
いかんせん。
彼には嫌悪の嫌の字も出てきません。

なんでかな~。

よくわからんが、頻繁に「かっこいい」と思います。

番組中、“まらいわ(摩羅岩)”と言う岩の頂にいる際に、
さんま氏に「おまえは今、チンチンの先っぽにいるねんぞ~」と言われ、
「でも、チンチンの先っぽ、案外気持ちいいですよ!」
なんて返す姿も、潔くてカッコよかったです。

・・・中身だけでも、あんな人間になりたいモンです。


あ。
俊輔さんの番組が始まった
観なきゃ!!!!!!!


ってことで、あぢゅ!
箱根魂。
順天堂大学の第五区を走り抜いた今井正人(いまい まさと)選手。
かっこよかったね。
4人、ごぼう抜きしたんだっけ?
過去の成績を合わせると、21人もごぼう抜きしたらしい
しかも、あの“箱根の難所”と言われる山登りの最中にだ。
アナウンスが連呼するのは、正直耳障りだったが、
彼の言う「山の神」と言う言葉には、物凄く納得させられた。

日体大の北村 聡も、よくついて行ったと思う。
なんか、某漫画のようだけど、
『100年に一人の~』ってくだりを思い出しました。
(いや、今井氏は練習も努力もしてるんだけどね)

で、第何区かとか、選手の名前は忘れてしまったんですが、
9人をごぼう抜きし、最後はスタミナ切れしたにも関わらず、
懸命な走りを見せてくれた人がいました。
彼もまた、素晴らしいと思いました。

・・・箱根、いいね。
基本的には陸上競技を観戦するのは苦手な人間ですが、
こればっかりは毎年観戦させていただいてます。
来年も、いい走りが見れることを期待しています。
イェア!!



・・・CMで流れたSAPPOROビールのCMの1バージョンに、
ミュージカル仕立ての作品がありました。
個人的には、あのCM大好きです。
出来れば、1月一杯は電波に乗せて欲しいと思います。
ぜひ!
彼は、小さいけど大きな男だ。
今日も、報道ステーションを観ていました。
やはり、コーナー前後の瞬間は、微妙なキモチになりました。

が、今日はいいコーナーを拝見させていただきました!
既にコーナー名は忘れましたが、
スポーツのコーナーにおけるプロ野球特集です。
『戦う男達』と銘打った感じのコーナー構成で、
試合中に“危険”な環境に立たされた人物や、
“無謀”と評されるプレーをした人物を褒め称える
内容でした。

試合中にファールボールで顔面を負傷
歯が3本も飛び散ったにも関わらず、
試合を最後までプレーし見事勝利を手にした、
福岡ソフトバンクホークスの山崎勝己(ヤマザキ カツキ)さん。

や、

ピッチャー返しの一球を左胸に受け
激痛と闘いながらも1イニングを守り切った、
千葉ロッテマリーンズの薮田 安彦(ヤブタ ヤスヒコ)さん。

そして、

到底キャッチは出来ないと判断されたようなフライをがむしゃらに追いかけ、
「フェンスの有無など関係ない」と言わんばかりのダイブを披露し、
朦朧とした意識の中でも、見事にボールをキャッチした
オリックス・バファローズの選手、平野恵一さん。

三人とも、堪らなくカッコよかったです。

三者三様の“野球論”の元、
懸命にプレーする姿には、確かな侍ソウルを感じました。

普段は野球なんて観戦しない人間ですが、
来期は、少し多めに観戦しようかな・・・。
なんて思いました!

サンクス侍魂!!!!!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。