物忘れの激しい管理人が“日々を忘れないため”に書き綴ったページです。       中身は音楽・映画・●●感想で構成されてます。詳細は“紹介”に記載してます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
女も大人も子供も、つらい時はつらい。
現在、映画「男はつらいよ」鑑賞中。
いや、何度観ても最終話はいいな。うん。
近作のヒロインであるリリィ役(の性格)が、自分のマミィに見えて仕方が無いけど、最終話大好きだ。

ダディの趣味で観始めた「男はつらいよ」シリーズ。
まさか、きちんと全シリーズ観る事になろうとは・・・。
恐るべし、茶の間のテレビ!

まぁ、ご存知かもしれませんが、「男はつらいよ」通称寅さんシリーズは、全48作あるんですよ。
テレビドラマから始まった寅さんが、ここまで大きくなろうとは。
製作者(ドラマ版から脚本を手がけたのはモチロン山田洋次監督)は思いもしなかったろうに。

回を重ねるごとに、寅さんが“おおらか”になっていくのが、なんだか嬉しかったり悲しかったり。
でも、シリーズ終盤の渥美清さんの姿は、イチバン胸にきました。
隣でマミーが「あ、この人この時もう限界やったんやね」とか「多分もう転移したね」とか言うのをスルーしつつ、感傷にひたってました。
(テレビで人を見る度に視診するマミーは凄いと思うけど、たまに『この人…』っち思います)
いや、シリーズ後半の渥美さんの小ささ。
役を演じきる渥美さんの姿は、何よりも胸をうつかもしれません。


さんか最近昔の映画をよく見ているな~。。。
よし、そろそろ新しい映画観よう!
とりあえず・・・「叫」が観たい!
オダギリ!!!!
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
管理人の承認後に表示されます
2012/11/24(土) 05:05:36 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。